柿の木の「巻き込み現象」

投稿日:2009年01月28日(水) 23時51分 by eo カテゴリー:アウトドア!, 家庭菜園, 田舎暮らしの日常, 田舎暮らしの自然.

 

 

今日はぼちぼち庭の落ち葉などを掃除しました。

3年前に引っ越してきたときに、物干し竿がなかったので、その場しのぎで庭の柿の木と柚子の木をビニール紐で結んで洗濯物を干しました。

その紐は、物干し竿を設えてから、しばらくして切れちゃって、そのままにしてあったのですが、今日ふと柿の木を見ると、その紐の端っこは、気づかぬまま木にそのまま残っていたみたいで・・・・

なんとびっくり!テレ朝の「ナニコレ珍百景」でお馴染み(?)の「巻き込み現象」になっていました!

ca390050 ca390049

普段は全然気づかないのですが、木って、ちゃんと成長しているんですね〜。見事にめり込んでます。

桃栗三年、柿八年?の言葉からすると、柿の木って成長遅いのかな?とも思えるのですが、早!っという気がします。

(ん〜確かに、柚子とか梅とかの方が成長早いですが・・・)

もの言わぬ木とはいえども、可愛そうなことをしました。来た年から「あんまり実のならない木だな〜」なんて気がしていたのですが、もしかするとコレのせいだったのかも知れません。

まずは取ってやろうと引っ張りますが、ビクともしません。

・・・とりあえず、切れるところは切って、一応「輪っか」ではなくなったので、一応これで大丈夫かな?というところでしょうか・・・

ついでに、ちょっとだけ剪定もしました。

今年は沢山なってくれると嬉しいです。

柿はそんなに好きではありませんが、ビタミンCも豊富らしいし、美味しい実をつけたのなら、ちゃんと食ってやるぞ!柿の木よ!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉県情報へ

 

 

 


コメントをどうぞ!

CAPTCHA