釣りのウキのゴム管で自転車の虫ゴム

投稿日:2013年09月13日(金) 19時12分 by eo カテゴリー:DIY.

 

 

釣りのウキのゴム管で自転車の虫ゴム

朝、女房殿の自転車がパンクしていることに気がついた。

昨日乗って、朝になったらパンクしていたので、虫ゴムかな?とも思ったので、チェックしてみるとボロボロだったので、釣りのウキのゴム管で代用してみた(笑)

これ、いけるでしょう。両方とも同じ、生ゴムでしょう?

・・・・さてさて、とりあえずタイヤに空気を入れてみると・・・・

あれ?まーーったく入っていかないカンジ(汗)。

通常、パンクをしてもとりあえず空気は入るものです(穴からだんだん抜けていく)

とりあえず、自転車のチューブはすぐ外れるので、ホイルからタイヤをずらして、チューブをチェックしてみると・・・、なぜか、10cmくらい、思いっきり裂けているカンジになっている。

カッターなどで切った裂け目というよりは、破裂した?みたいなケバケバした裂け目になっているので、誰かのいたずら?って訳でもない感じ。。。

・・・そこで、あっ!っと思い当たることがありました。。。

昨日の午後、家の外で、物凄く大きなバ~~ン!という音がしたんですよね(汗)。あたかも発砲音?!みたいな音でした。

・・・何事が!と、家族みんな、そとをチェックするくらいでした(笑)

ところが、外はなーんにも無かったので、なんだったんだ?!と思っていたのですが・・・

そういえば昨日の朝、自転車のタイヤに空気を入れたんですよね。けっこうキツク入れました(汗)。

そのタイヤが、午後になって西日が思いっきりあたっていたので、どうやら熱で膨張して破裂した・・・みたいなんですよね~。こんなこと初めて(笑)。

・・・・というかそもそも、通常のパンクであっても、新しいチューブ買ってくること決定なので(・・・いわゆる”パンク修理”をするより、そっちの方が楽だし、リスクも少ない・・・)

ウキのゴム管で作った虫ゴム、意味無いじゃん・・・・(汗)・・・・(チューブにバルブ・虫ゴムはついてきますので~(笑))

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉県情報へ

 

 

 


コメントをどうぞ!

CAPTCHA