手作りソーセージ

投稿日:2013年10月04日(金) 02時38分 by eo カテゴリー:食べ物の話.

 

 

前から一度やってみたかった手作りソーセージに挑戦です。

手作りソーセージは羊の腸を使うと思いますが(豚の腸だとフランクフルト?になるのかな~?)子供らにやらせてあげれば大喜びだろうと思って、とうとう買ってみました(笑)

数日後到着~!普通に封筒に入ってきました。特にクール宅急便とかではありません。しかし思いっきり塩漬けです~。

今回買った羊腸は、4mだったのですが、思っていたより容量的には少ない!軽い!ちょっと驚きました(汗)

こんな感じ。感覚的には、20~30gくらいしかない?というかんじ。体積的にはめっちゃ少ないです(汗)

アップにするとこんなかんじ。なるほど、見た目は腸っぽい・・・といえば腸っぽい(笑)

説明によると、5分くらい冷水につけて塩抜きするんだそうで・・・。

ここで、特に気にせず、子供たちにも経験?ってことで適当に触らせていたら、羊腸がやたら絡んじゃって、大変なことになりました(汗)

思っていたよりは張りがない感触なので、絡みますと、思いのほかほぐしにくいです。一苦労して、なんとか解きました(汗)

実際に腸に肉を詰めていくのは、こんな感じですね。ケーキ用のものみたいです。

女房殿が作った、調味液?です。手作りソーセージのレシピはネット上にたくさんあると思いますので、ここでは割愛(笑)

そして肉!豚のひき肉と、ロース肉を粗いみじん切りにしたもの。本当はバラ肉の方がいいみたい?ですね~(ぜんぜん美味かったですけど)

氷水の上で温まらないように混ぜるみたいなので、大きなボールに氷を用意。

こんなかんじ。

こんな感じで~~~。。。。

こんなかんじ(笑)

だいぶイイカンジに、混ざってきました。

さてさて、いざ!腸詰!と思っても、なんだかイマイチ、イメージが沸きません(汗)

そもそも、良く見るのは、金属の10cmくらいの筒?に、まず羊腸を束ねる?ようにしてから、入れていくんじゃないか?・・・という話になりまして・・・

そんなものは無かったので、急遽、100円ショップで売っている、観葉植物の”水差し”の口の部分を切って、きれいに洗浄して代用(笑)

こんなかんじ・・・。

あーでもない、こーでもないと、この時点でもう、キッチンはけっこうしっちゃかめっちゃか(汗)

・・・さて、いよいよ実際に羊腸を入れてみると、ちょっと先っぽが尖がり過ぎてないか?(それによって破れないか?)・・・ってことで

一度取り外して・・・・先っぽを切除。

こんなかんじ(笑)

逆側から、水を少し通しつつ、大きな鍋に水を張ってその中で、この作ったパイプ?に、羊腸を通していき、束ねていきます。逆から、少しずつ水を入れながらやるとスムーズに行きました。

さぁ!上記の束ねる作業が終わりましたら、いよいよ肉を詰めていきます!

(・・・子供にもいろいろやらせてあげようかと思っていたのに、羊腸が思っていたよりめっちゃめちゃ薄くって繊細な扱いが必要だったので、すっかり大人が超真剣モード!(笑))

おぉ!イメージどおりの手作りソーセージの画が、やっときたーー!!!(笑)

ここまでくると、意外と楽でした。粗みじんの肉が、詰まるんじゃないか?とも思っていましたが、そこそこの力が必要といえども、意外とスムーズに注入は完了!

じゃじゃ~ん!美しい仕上がり!(笑)

くる!くる!っと巻いて、ソーセージ状に。おぉこれはまさしく手作りソーセージじゃあないですか!!

中身が余ったので、皮なしソーセージも作る。ラップで包んで終了。こっちは茹でます。

ここでまず、スモーク?したりする方法もあるみたいですが、もう早く食べたいので、さっさと焼いてみる(笑)。照明の関係上。なんだか青っぽい写真で失礼(汗)

皮が破れないように、弱火でゆっくり焼いてみました。

・・・しかしそれでも、ボチボチ皮が破れてしまって、中の肉汁が出てきてしまって、煮ているような状態になってしまったので(汗)

改めて、別のフライパンで、ちょっと焼いて焦げ目をつけてみた。(若干、皮が破れちゃって、見た目がきたない(汗))

こちらはラップで包んだ、皮なしソーセージ。こっちは順調。

完成~!

そしてお味は・・・・。

肉肉しくって、自分としては、めっちゃめっちゃ美味かったです。

パンと粒マスタードで、ホットドッグ的に食べましたが、子供らにも大人気でした~!

 

・・・今回のこの、手作りソーセージですが・・・

まさに、「・・・やってみたらよく分かる・・・」でした(汗)

たとえば、千葉に引っ越して来る前は、トマトやキュウリが、真冬のスーパーの野菜売り場に並んでいることは、なんの疑問も感じませんでしたが・・・

いざ、自分でトマトやキュウリを育ててみると・・・、いやはや、真冬に、一体どーやって、トマトやキュウリを作れるんだ?!?!・・・と、それが物凄いことだと分かるんですよね(笑)

このソーセージもそうだった(汗)。はっきり言って、けっこうナメていましたが、思っていたより、ぜんぜん難しかったです(汗)

羊腸ってものが、あんなにも薄く、繊細なものだとは知りませんでした。

(調べてみたら、シャウエッセンなどのパリ!っとしたソーセージの皮も、ちゃんと羊腸なんですね~。今日の我が家のものは、もっと薄~~い物で、食べた感触も、ハッキリいって、皮があるのか無いのか?分からない!くらいメチャメチャ薄いものだったのですが、これってラムとマトンの違いだったりするのかな??自分としては、パリ!っとしたものを想像していました)

これだけ難しくて、手間もかかるんですから、あぁなるほど、ちゃんとしたソーセージは、高いわけだ・・・と、激しく納得。

逆に言いますと、単価的に普通の肉と同じような値段で売られているソーセージってのは、それだけ、肉の質が悪いものなのかな?という気がしました(ただの肉より、明らかに調味、加工の手間などがかかっているわけですから~・・・)

・・・何はともあれ・・・なかなか面白かったです(笑)

今回は、4mの内2mを使ったので、近々もう一回やりますので、その時はスモークもしてみようかな??

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉県情報へ

 

 

 


2 つのコメントがあります “手作りソーセージ”

  1. えさ さんのコメント:

    ミンサー(肉を挽肉にする機械)を購入したので
    「ソーセージでも作ってみるか」と下調べをして
    意外に大変そうだなと感じて、
    ミンサーをそっと棚に仕舞っていました。www

    今後も鶏団子鍋の時にしか登場しないんだろうな・・・ww


  2. eo さんのコメント:

    グリグリ回すマシーンがあるのなら、そんなに難しくないかもよー!


コメントをどうぞ!

CAPTCHA