4月, 2012 Archive

アスパラを収穫!

投稿日:2012年04月25日(水) 22時55分 by eo カテゴリー:家庭菜園.

新芽がでてきたアスパラ、何となくはじめに出てくる芽はとっておいた方がいいのかな?と思いましたが、どうやらバンバンとって良いらしいので、育ち過ぎてしまったものを除いて、良さそうなものを収穫。

こんなカンジ。とりあえず2本。

生で食べると美味い・・という情報をもとに、一本生で食べてみましたが、まぁ食べられなくもないですが、若干青臭く、やっぱり火を通した方が美味い?と思いましたので、ちょっとだけチンして、食べました。美味かったですわー。

 

アスパラを収穫!

投稿日:2012年04月25日(水) 09時01分 by eo カテゴリー:家庭菜園, 植物の話し, 食べ物の話.

新芽がでてきたアスパラ、何となくはじめに出てくる芽はとっておいた方がいいのかな?と思いましたが、どうやらバンバンとって良いらしいので、育ち過ぎてしまったものを除いて、良さそうなものを収穫。

?こんなカンジ。とりあえず2本。

生で食べると美味い・・という情報をもとに、一本生で食べてみましたが、まぁ食べられなくもないですが、若干青臭く、やっぱり火を通した方が美味い?と思いましたので、ちょっとだけチンして、食べました。美味かったですわー。

 

2014年大河ドラマ「藤堂高虎!」(が、いいな(汗))

投稿日:2012年04月22日(日) 23時02分 by eo カテゴリー:その他.

2014年大河ドラマ「藤堂高虎!」

いかがでしょうか(笑)

久しく見なくなってしまった大河ドラマですが(・・・だって、あまりに脚色が強くて、ツマラナ過ぎ・・・)今年は「平清盛」みたいですが、はじめに平清盛と聞いたときに、はぁ?!平清盛~?と思いました(笑)。

やっぱり、案の定、記録的な視聴率の低迷みたいですね。

源平とか、平安時代とか、その辺の歴史はぜんぜん詳しくないのですが・・・(汗)・・・、しかしそれでも、確か平清盛って、絢爛豪華な公家?みたいな生活してて、バリバリの権謀術数?。なんとなく、インドアなカンジで、政治的で、男と女とか、ドロドロ~・・・みたいなイメージでした。・・・ぜんぜん詳しくないので、あくまでもイメージですけど・・・。

そうだから?なのか、どーだかは知りませんが、やっぱり駄目みたいですね~。

一方、先日、何気なくみた「歴史秘話ヒストリア」ですが、藤堂高虎をやっていたんですよね。

はぁ、藤堂高虎か・・・渋いな・・・と思いながら、何気なく見ていたのですが、あぁ、久しぶりに胸のすく想いがしました。

・・・そうか、そうだった、そうだよな(笑)。このあなたの有名な肖像画は、エライぶさいくだけど、高虎、そーとーかっけーよ・・・・と(笑)。

もともと浅井氏に仕官していた藤堂高虎ですが、その後、秀吉の弟の秀長に仕官します。

あぁ、そうかと。その時点では、ただの”陪々臣”(ばいばいしん)だったんだよな・・・と。

陪臣とは、トップの殿様がいて(この場合織田信長です)、その部下に従えている人のことを”陪臣”といいます。・・・つまり、信長に雇ってもらっている秀吉にやとってもらっている、弟の秀長。そしてさらに、その秀長に雇って貰っているのが、藤堂高虎ですから、”陪々臣”(ばいばいしん)・・・ということになります。(当時は、上に雇われている部下は、雇い主から支給される賃金から、自分の采配で部下を雇うのです。)

いくら秀吉と秀長は仲が良かったでしょうから、早い時期に秀吉の目に留まりやすかった?とも思われますが、そかしそれでも、高虎はこの時点ではあくまでも陪々臣・・・ってのが、ポイントですよね。

この時点での陪々臣なんて、おそらく、ものすごい人数が居たと思われ・・・、まぁ要するに”いくらでもいた下級武士”だったはずです。

・・・その後、城の建築に精進して、建築のスペシャリストにもなっていき、どんどん重用されるようになり、豊臣恩顧の大名でありながら、徳川の時代になっても、家康にも大変重用されて、無事幕末まで続く大名となってきます。

・・・この処世術といったら、見事しかいいようがありませんよね。。。

本当がウソか知りませんが、この時代にそぐわず、身長が190cmくらいあったそうで(笑)、これはそれだけで、そーとー目立ったでしょうね。その恵まれた体を生かして、賤ヶ岳(秀吉がまだ天下をとる前の戦)などでは、大功をなしているようです。

大きな体で槍をぶん回して、戦で手柄を立てれば、そりゃあ目立ちますよね。

殿様としても、「ふむふむ、どんななつじゃ・・・」と、興味が沸くのも分かる気がします。

きっと、若い頃の高虎も、人からそんな風に見られたり、思われたりするのが、まんざらでもなかったでしょうね。

しかし高虎がかっちょいいのは、それに甘んじた様子がないことなのかと思います。人間、誰しも老けますからね。いつまでも槍を振り回している訳にはいきません。

槍をぶん回して、稼いだ手柄ならば、槍をぶん回せなくなったら、若くって槍をぶん回せる若者に”そのパイ”は、取られてしまうはずです。

いつかは自分も老いる・・・・。そんなような思いが、高虎にはあったのではなかろうか・・・と思います(笑)。

または、単純に、城作りにハマって、築城を学ぶのが楽しくて仕方がなかったのかもしれませんが、高虎は、建築のプロになっていきます。

・・・いつの世も、唯一無二の存在になってしまえば食える・・・(笑)。

江戸時代の初期の頃には、高虎の築城技術は、江戸幕府側からも重用されるほどで、そりゃあ、豊臣恩顧の外様といえども、その技術は”つかえる”わな~・・・と、思うんですよね(笑)。

時代の空気を読めず、いつまでたっても武功一点張りで、あっさりと”お家おとり潰し”になってしまった、福島正則などとは、とても対照的です(・・・嫌いじゃないけど・・・(笑))

2010年の秋に四国に行ったときに、宇和島城は見たけど、今治城は、見なかったんだよな~・・・。まぁそんなに城マニアって訳でもないので、今治城は現存天守でもないので、スルーしてしまったんだけど・・・

どうやら、かなり見事な、高虎の縄張りなんだそうで(笑)、あぁ、そういわれると、行けばよかったな~・・・と思いましたが後の祭り(泣)。まぁ、またいつか行こうと思います。

そんな訳で、大河ドラマの話に戻ると・・・(笑)・・・平清盛なんかより、よ~~~っぽど、面白い大河ドラマになりそうじゃん。と思うんですけど、どうでしょうか。

2014年大河ドラマ「藤堂高虎!」。

いかがでしょうか(笑)。

やっぱり、戦国史で、1560年くらいから、関が原くらいまでの人が一番いい感じです(まぁ個人的好みですが)

そう考えると、何年か前にやっていた「直江兼続」などは、ちょっとだけ若いんですよね。1580年以降に活躍?みたいな人は、あんまり泥臭くない感じがするんだよな~。。。一番の見せ場が、「こんなところにキトウナカッタ~(泣)」・・・で、それをひきずって視聴率を稼ぐんじゃあ、あまりに情けない(笑)

 

我が家の”木”の話し

投稿日:2012年04月21日(土) 11時29分 by eo カテゴリー:植物の話し.

梅ノ木の新芽です。昨年は、切り過ぎてさっぱり収穫できませんでしたが、今年はそれなりに葉っぱが出てきています。あぁでも、切り過ぎたせいで、花はぜんぜんついてなかったので、今年も梅の実は駄目かもな~・・・。

こちらはレモンの木です(汗)。昨年アゲハチョウの幼虫にやられて、見事に丸ハゲになってしまいました(泣)

立派な柚子の木があって、種も少なめで、小さめのとてもナイスな柚子が収穫できるのですが(同じ柚子の木でも、ボテ!っと、実が大きく育ってしまって(大きくて食卓で使いにくい)さらに、そういった実は、中身は種だらけだったりもします。我が家の柚子は種がほとんど無いので、この点はポイントが高いのです(笑))・・・それでもやっぱり、柚子よりはレモンの方が、使い勝手がいいな~・・・ということで、昨年幼木を買ってみたのですが・・・。

ん~・・・、おなじ柑橘でも、レモンは、アゲハチョウにとってはよっぽど美味い?のか分かりませんが、柚子の木はそうでもないのに、こんな小さな木でも、アゲハチョウがバンバン寄って来ます(汗)。

気づくと、幼虫がくっついていて、もりもり葉っぱを食べていますので(汗)、注意深く見ていたのですが(見つけ次第捕殺)、ちょっと油断したら、あーあ残念。見事に丸裸にされてしまいました(泣)。悲し過ぎる。

こんな姿じゃあ越冬できないかも?・・・とも思っていましたが、枝が緑なカンジで、枯れてはいないようなので、一応越冬は出来たようです。

そろそろ、葉っぱが出てこないかな~・・・と、観察しています。葉っぱが出次第、またアゲハにやられないように、今年は不織布でもかけてみようと思っています。

こちらは、山椒の幼木。何年か前に女房殿が、150円だった!とかで買ってきました(笑)。こちらも、油断すると、アゲハチョウにバンバンやられてしまいます。

この木も丸ハゲだったのですが、最近新芽をどんどん出しています。

木は、かなりほったらかしで、あれ?いよいよ枯れちゃったかな?と思っても、意外と復活したり、強いですね~。

 

我が家の庭の”雑草じゃない”雑草

投稿日:2012年04月20日(金) 15時03分 by eo カテゴリー:家庭菜園, 植物の話し.

なんだか、植物の話題ばっかりですが、我が家の庭の”雑草じゃない”雑草です。

なんだか、雑草みたいにじゃんじゃん生えているこの草。イチゴです(笑)。

イチゴは強いですね~。草なので、毎年冬には地表面の見た目は消滅してしまいますが、毎年ガッツリと勝手に生えてきます。な~んにもしていませんが、ちょこっと収穫も出来たりもします(笑)。美味くもないけど。

美味しくするには、ちゃんと育てて、肥料などもやらないと駄目でしょうね。すっぱいイチゴを、子供らは喜んで食べるけど(笑)。

こちらも、見たカンジ、ばっちり”雑草”ですが、こちらはミツバです(笑)。

このミツバも強い!もう5年くらい前に、ぜんぜん違うところに種をまいたのですが、まぁ~それが、育つ育つ(笑)。

種もつけて、ばんばん勢力を拡大(笑)。本来種をまいたところからかなり離れたところにも出てくる状態(笑)。

ミツバはあんまり使わないけど、まぁニワトリも大好きだし良いです。いくらでも生えてくれ~というカンジ。

?・・・夏になると凄いのは、シソですね(笑)。放っておくと、庭中シソだらけ!になるほど、バンバン生えてくるので、ある一時期、使う分を除いて、引っこ抜きまくります。

 

・・・なんだか植物の話題ばかりで、老人のブログみたいだな~・・・(汗)・・・・。まぁいいんです。ネタもないし。大人の事情により、ブログは、上げられる限り、バンッバン!上げたいので~。

柿の葉の天ぷら

投稿日:2012年04月20日(金) 14時47分 by eo カテゴリー:食べ物の話.

柿の木の葉っぱの新芽です。秋に実のなる、あの柿です。

柿は落葉樹ですので、秋に葉が落ちて丸裸になり、この時期に、毎年新しい葉っぱを出します。

その新芽、あたらし葉っぱの部分を、天ぷらにすると美味い・・・という話を、数年前に女房殿がネットで仕入れて、やってみると、これがびっくりするほど美味い(笑)。

こんなカンジ。なんのクセもない感じですが、モロヘイヤの天ぷらみたいにモチモチした感じです。

しかも柿の葉なので、柿の葉茶のことを考えると、ビタミンCが豊富かな?とも思われ(分かりませんが(汗))体に悪いわけもありません。

まぁ、とにかく、美味いんですよ(笑)。・・・しかし葉っぱは、あっ!という間に生え揃って、すぐに普通の硬い葉っぱになってしまいますから、本当に、毎年このタイミングだけの珍味?です。

我が家には、柚子、枇杷、梅、(←これらはかなり立派な木)などがあって、猫の額ほどの庭のクセに、果樹が充実しているのですが・・・、この柿だけは、そこそこ実もなるんですけど、柿だけ、なんとなく実は食べないんですよね~(笑)。柿は収穫のタイミングも難しいです。

ほかの果樹は、ばっちり収穫もしてかなり重宝しているのですが、この柿だけは、秋になると、つけた実が、食べようとすると渋かったり・・・(汗)・・・、そして放っておくと、鳥が食べだして、腐って落ちて、そこにハエが来たりして、かなり嫌なので、木を切ってしまおうか・・・と何回も思ったのですが・・・

この、新芽の天ぷらのためだけに、とっておいてもいいかもな~・・・と、思わなくもない(笑)。

もう田植えか~・・・

投稿日:2012年04月20日(金) 09時46分 by eo カテゴリー:地元の話.

いつのまにやら、季節は確実に巡っていくんですね~・・・(笑)

もう今年も田植えの季節か!・・・と。

田舎で暮らしていると、都会で暮らしているよりは、季節感がある?気がします。

今はこんなに小さな苗も、5月6月になると、新緑の海!になって、それはそれはキレイです。

こちらは玉ねぎ畑(多分(汗))、散歩していたら、何となく絵になるな~・・・と思って撮ってみたけど、イマイチ伝わらない(汗)

カメラの腕は、ぜんぜん上がらないですわー。

アスパラが出た!

投稿日:2012年04月19日(木) 18時21分 by eo カテゴリー:家庭菜園.

種から育てたアスパラガスが、やっと食べられるくらいの芽を出しました。3年越しです(笑)。

こんなカンジ。細いですが、一応売っているものくらいにはなりました。昨年は、まだまだ5mmくらいの太さでしたが、今年は1cmくらいにはなりました。

 

分かりにくいですが、こんなカンジ。上手く撮れません(汗)。

アスパラガスって、草なんですよね(多分(汗))。いわゆるこの”アスパラ”として食べる部分はあくまでも「芽」みたいなもので・・・・、竹の子とまったく同じように、これを放っておくと、枝?を広げて、フサフサの葉っぱで、もじゃもじゃに育ちます。

・・・しかし、冬になると、地上に出ている分は、全て枯れて無くなってしまいます。

そして、また、春になると芽を出す。・・・すばらしいですね~。自然の息吹。

そんなこんなで、種からだと、3年かかる・・・とは知っていましたが、本当に3年越しで、やっとここまで育ちました。

まぁ、多少の草刈程度以外のメンテナンスは、基本的には何にもしてませんが・・・・(笑)・・・

とりあえず、今出ている分は初物ですので、なんとなくこれは、葉っぱに育てて、収穫するのは、その脇に出てくる芽の方が良いように思いますので(勘です(笑))もうしばらく我慢です。

食べてみるのが楽しみですわー(笑)。

 

内房でメバリング

投稿日:2012年04月19日(木) 16時18分 by eo カテゴリー:その他, 地元の話.

先日、外房の人間が、わざわざ内房までメバリングに行ってきました(笑)。

我が家は、房総半島でも東西に一番”太い”あたりの外房ですので、内房まではそこそこ距離があります。

わざわざ行った、内房メバル釣行ですが、ぼちぼちは釣れましたが、爆釣でもなく、ん~60kmも走っていくこともないかな~・・・というカンジではありました。

しかし~、市原のタックルベリーに行ってみたら、いいカンジのメバリングロッドが、いい値段で買えたので、その点は良かったですわー。

タックルベリー良いですね。熱かったです(笑)。

ブロッコリーの末路

投稿日:2012年04月19日(木) 10時11分 by eo カテゴリー:その他.

これ、何だか分かりますか?ブロッコリーの末路です(笑)。ブロッコリーを収穫せずに放っておくと、こんな風に花になってしまいます。

要するにブロッコリーって、花のツボミなんですね~。アブラナ科なので、見事な菜の花。

これは、もうちょっと開花前の状態。

ちなみに菜の花って、アブラナ科の植物は、ある意味み~~んな、菜の花ですよ。カブも、小松菜も、さらにはキャベツも、見事に、”菜の花”を咲かせるんですよ~。