» 千葉にした理由1



とりあえず千葉の物件をネットで探してみた

伊豆を色々見て回った結果、私としてはイマイチだったので、それまで気にもしていなかった千葉の物件を、まずはネットで探してみることにしました。

さすがは千葉。広いです。やっぱり千葉では、「伊豆にしなかった理由3」で書いたように、別荘ばっかり!ということもなく、普通に「普通の一軒屋」の物件があります。

しかも所在地を地図で調べてみると、十分イイカンジに「田舎暮らし」の範囲内です。

これは行ってみるか・・・ということで、しばらく行っていなかった房総半島を一周してみることにしました。

千葉・房総半島で田舎暮らしは・・・

とにかく、田舎暮らしをするにあたっても、あらゆる意味で「バランスが良い!」・・・というのが第一印象です。

例えばまず、東京へのアクセスは抜群ですよね。田舎暮らしをするといっても、親兄弟や友達は東京にいるし・・・などと考えると、アクセスの良さは大きな理由の一つになります。

・・・で、私としては気になる「首都高の渋滞」ですが、東京に帰るときには「夜中に帰る」ということであっさり解決してしまいました。

この渋滞の問題は、車の運転が嫌いな私としては、実は大きな問題だったのですが、あまりにもあっさり解決してしまいましたので、拍子抜けすると同時に、グッと千葉での田舎暮らしに傾きました。

・・・というのは、単純な先入観だったのですが、例えば「外房」などといえば、猛烈に遠い!というイメージがあったのですが、実際は、夜中に走ってみれば、東京まで下道を入れても2時間です。馬鹿な話しですが、これには本当に驚きました。

一方、伊豆の場合、一度計ってみようと思って、夜中に西伊豆を出発して休憩もなく休まずに走ってみたことがあるのですが、なんと!4時間かかりました。これにも逆に驚きました。あぁ遠いな~と。良いペースで飛ばしたのに。(もちろん、帰る場所がどこかにもよると思いますが・・・)

この差は大きかったです。あぁ千葉ってこんなに近かったのか・・・と。しかも近いだけでなく、色々な意味で千葉の方が私にとっては田舎暮らしとしても環境が良いと思ったので、一気に千葉に傾きました。

伊豆と違って、不動産物件にかなりのバリエーション(選択肢)がある

例えば大多喜や勝浦、鴨川の山奥の古民家・・・みたいな物件もありますし、海に近いサーファーが好きそうな別荘的物件もあります。

(ちなみにこれが大きいのですが、伊豆では、「○○タウン」みたいな風に、独自の巨大別荘分譲地として売り出して、それ故に、やれ管理費やら水道使用量やら・・・といったお金を「払わなければ実質住めない!」・・みたいな物件が多い(ていうかそればっか!)なのですが、千葉では、いかにも別荘物件というものでも、あくまでも、単体で別荘として建てた、という物件ばかりなので、当然そんな費用なんか無く、造りは別荘だけど、要するに普通の家・・・という物件が多い気がします。そこがまた、「田舎暮らし組み」には、選択が多い理由の一つという気がします。・・・これ、大きな違いですよね・・・)

・・・そうそう、ちなみに言っておきますが、私は不動産関係の仕事をしている訳ではありませんので(笑)。まったく関係ありません。本当に正直に感じた私の感想です。

さらに、例えば北の方で、東金や山武郡や八街・・・なんてところでも、郊外に行けば、か~なり田舎なカンジで十分、田舎暮らし的生活を楽しめるといえば楽しめるのかと思います。ピーナッツ畑だらけで、季節には食べ放題でしょうね(笑)。「ゆで落花生」美味いですよ!(私にはちょっと、田舎暮らしというよりは、単なる千葉市の郊外?という感じがして「田舎度(笑)」として、物足りなかったですが、人によっては十分かな?とも思う?・・と思いますよ・・・都会からすれば十分田舎ですから・・・)

そしてそんな東金や山武、八街?あたりでしたら、ある意味頑張れば東京まで通勤「できますよね?(っちゅーか普通に通勤してる人もたくさん居るみたいですね。)

それは、大きなメリットではないでしょうか?週末に、家庭菜園をやるために茨城に行ったり・・・なんてことをしている方々もおられるようですが、この辺だったら住みながら(通勤しながら)家庭菜園くらいは余裕でできるのでは?と思います。

それから、この変の物件は、やたら安い!一戸建てが多かった気がします。それも特徴的かな~・・・と。

あ、成田空港が近いから!かも知れませんね。この辺は、航路に近い場合はシャレにならないくらいうるさいところがあると思いますので、ご注意!

住民の方々には失礼ですが飛行機には要注意?!

・・・一ノ宮海岸辺りで夜釣りをしていると、東の空を、ほとんど同じ間隔で、南から北へ飛行機が、5台くらい並んで飛んでいるのが良く見えます。答えは簡単です。成田に向かっているのです。あぁ、あそこが航路になっている訳ね・・・ということが分かります。

そして、一番左の一機が見えなくなることには、また右から一台やってきて・・・延々と、ほとんどキレイに同じ間隔で、飛んでいます。面白いですよ。一ノ宮辺りでは、波の音で、音は全然聞えないくらい”沖”ですけどね。19時とか20時とか「到着するのに良い時間」になると、けっこうな台数、続いてますよ。さすがは世界有数の大空港。

そして多分、蓮沼辺りで、陸地に向かって来ているのかと思います。あぁ、これは、航路の真下の方々は偉いことだな・・・と。

前に一軒、蓮沼の物件がやたら安いな~っと思ったら、「真上を飛行機が飛びます」だって(笑)。千葉で田舎暮らし物件を探すのでしたら、この点は注意しなければいけないでしょうね。特に成田の半径50kmくらい?の千葉県の北の方場所では。

(次のページでも、もう少し千葉の地理的なことについて書いてみようと思います・・・)


■(前のページ)‹‹ 伊豆にしなかった理由3 千葉にした理由2 ››(次のページ)■

Edit Page