» 移動時間と距離感覚



遠いんだか近いんだか、良く分かりません・・・(笑)

前ページのホームセンターの話しとも通じるのですが、田舎では信じられないくらい「移動時間」が早いです。それに伴って、失礼ながら田舎の人たちの「距離感覚」は、都会とは全然違うことに驚きます。

・・・以前、福島の農家さん宅で農作業のお手伝いでお世話になった時に「それじゃ~ちょっと晩飯でも食いにいくか~」ということになりました。そのお宅もカナリ田舎でしたが、少し車で行けば飲食店などが無くはない所でした。

「あの店行こうか~」 「いいね~。そうしよう。」

・・・ということで、気軽に車で出発しました。

私は、会話の流れ上、おそらく近所のお店で、車で5分~10分くらい?・・・というような想像でいたのですが、車はいつまで経っても、どんどん走ります・・・(汗)。

田舎の道路は空いてますので、スピードもカナリ出ています。そして、いつしか隣町を超えて、さらに隣町へ・・・・(汗)

結局、40分くらい走りました。移動距離にして多分50kmくらい走ってます(驚!)

50kmと言えば、東京で言えば、都心から鎌倉くらいまでありますよっ!!。そのお店、たまには普通にご飯を食べに行く距離だそうです(唖然)。これには、本当に驚きました。

ここ千葉でも同じです。距離10kmなんて、全然近所じゃん?くらいの感覚です。

我が家から、外房勝浦へは30kmくらいあるのですが頑張れば30分~40分です。友達で毎日のように、しかも時には朝晩二回!勝浦まで釣りに行っている人がいます。「勝浦なんて、ぜんぜん近いじゃん!」・・・だそうです(笑)。

30kmと言えば、東京の練馬区で考えると、横浜ですよ~。電車でも、色々考慮すると一時間半~2時間はかかるでしょう。車で行こうと考えるだけでもゾッとします(笑)。

驚くことに、勝浦までの30kmを上手く信号などをスルーできれば、車がほんの数回止まるだけで行けるんですから・・・(驚)

それだけ、道路は空いているし、信号も少ない・・・ということですね。我が家の近所なんて、信号待ちで5台並んでいたら「大渋滞!」ですよ。ホント(笑)。

・・・・東京から1時間半来るだけで、こんなものなんですよね。実は「田舎暮らし」は、そんなに遠くは無いのかも知れません。


■(前のページ)‹‹ 例えばホームセンター・・・ 田舎暮らしのメリット ››(次のページ)■

Edit Page